本文へスキップ

TEL. 03-5488-6411

〒108-0071 東京都港区白金台5-2-5 TRNTEDEUX 302


米国資産・法律・税務・申告コンサルティング オフィス

INTERCONTINENTAL CORPORATION

米国資産の売却・購入・管理・賃貸・名義変更・相続手続き・確定申告、当社にお任せください。

当社は皆様の海外資産情報の収集分析を行い適切なコンサルタントを行うパートナーとなります。

Information
CONTINENTAL GROU

top identity thieves up front, the IRS has made a significant increase for the 2013 tax season in the number and quality of identity theft screening filters that spot fraudulent tax returns before refunds are issuedese efforts helped the IRS in 2012 protect $20 billion of fraudulent refunds, including those related to identity theft, compared with $14 billion in 2011
  • 当社は創業29年の間に培った実務経験を持ち、各業務を分割し米国の不動産法・税法に対応いたしており、様々な現地情報を熟知しております。                                               当社はの米国不動産会社・米国弁護士事務所とパートナーシップを組んでおり、日本人の投資家の方々の不動産売買・税務等日本の税法との絡みを鑑み、海外資産に関するあらゆる分野のコンサルティングを行っております。                               当社はお問い合わせ頂きましたお客様のみ対応させて頂いております。
  • NEWS                               オアフ島高架線市電プロジェクト敷設に着手完成予定第一期2018年一部開業、第二期2021年と公表されました。運行区間ホノルルホノルル空港経由アラモアナまで                                         
  • 現在起きている問題                            A.米国資産を維持するかの問題 B.相続問題 C.資産共有者共同所有者が認知症等の問題 D.相続問題E. 共有所有権者が他界なさられた場合の問題。この重要度4点の問題をお考えになられなければなりません。                            A問題については下記に記載しております物件の老朽化の問題です。   B.C.問題はご高齢化の問題における対処方法です。D問題は共有名義(ご夫妻)なされていた場合においても、50%の相続税手続を行わなければなりません。共有名義であるから何ら支払う事が無いとお考えの方々がおられ問題無いとお考え間違った見解をお持ちの方が大半です。しかし、ハワイ州相続税法では通用しません。50%の持ち分をどちらかに一方に変更することとなるので、相続税(ESTATE TAX)を支払う事となります。                                   又、購入時時にて共有所有権者としてでは無く、共同所有者として登記なさられておられる方がおります。このような場合購入時の譲渡書=権利書と同等な書面にて登記内容の確認が必用となります。     
  • オーナーの高齢化により米国資産に関する様々なリスクは拡大しております。                      
  • 個人名義を法人名義に相続税回避の為に変更なされれておられる方が急増しておりますが、売買として行う行為をなさらなければ、贈与税(GIFT TAX)を支払わなければならなくなります。名義変更を行う事は弁護士に依頼すれば容易にできますが、その後の税務処理はご自身で、米国申告をUS会計士に委ねる事となります。日本と米国の法律を知り得て行いませんと、事後の売却時に大きなミスを犯してしまった事に気が付かれますが対処方法はありません。                                   名義変更をなされる事前に当社にご相談くださいませ。            
  • ホノルルのワイキキ周辺のコンドミニアムの大半の物件は30年以上経過し老朽化しており、年々改修・改装費用は増加の一途です。水道配管老朽化も進んでおりパイプからの漏水事故が多発しております。   
  • 実際の漏水事故並び老朽化している水道管のパイプの写真を当社に資産コンサルティングを依頼なさったクライアントの許可の基に公開致します。               一戸建て住宅 雨漏れ       コンドミニアム 水道管破損                                                                                    
  • 上記に添付してあります写真は一戸建て住宅及びコンドミニアムで実際起きておりますトラブルです。                                上記の写真は、日本語を話せる不動産管理会社との間にて不動産管理契約が結ばれておりましたが定期的管理チェック及び、曖昧なチェックを行われていた為に起きたトラブルです。                    上記の写真はクライアントの許可の基に公開させて頂いております。
  • 一戸建て住宅に関しましては、雨漏りがあった時点で早期対処しておれば、このような状態にまで被害が大きくなりませんでしたが、管理契約においての不在時管理が毎月の見回り回数が締結されているにもに関わらず行われなかった為に放置状態となりこの被害が起きたものです。                        コンドミニアムに関しましては、ワイキキ周辺の物件は築年数も30年以上経過しておりますので、水道管、下水管の老朽化は免れないものです。しかし、管理を受託している会社が厳しいチェックをしておれば事前に気がついて                                                                                                                                                               大切な資産価値を守る事は自己責任ですが、当社にご依頼なさられたクライアントの委任状により管理会社より管理レポートを提出させ、常にチェックする業務を行っております。                                購入当初から多大な時間が経過している事を念頭におかれる事を当社では警鐘させていただきます。                                      
  • 当社にハワイ等の資産購入ご依頼なされますとマーケットに出されている価格よりリーズナブルな価格で購入する事が可能です。買換の場合は税制面でも有利な購入方法をコンサルティングいたします。
  • 当社では、多くの賃貸物件の米国確定申告申告のご依頼を受けております関係上様々なレンタルにおける数年間の収益を集計しておりますので支出経費・利益率・充足率を理解しており、適正なレンタル費用でのレンタルが行われているか、無駄な経費支出・不正な経費支出があるか否かもをもチェック致しております。

新着情報


hawaii.htmlへのリンク